検索


  • Google

最近のトラックバック

FireFox


2008年10月24日 (金)

久しぶりの更新

になります。
今年は仕事も忙しく、幸い?トレードする機会もなくて、何とか助かってます。

といっても、今年の成績はマイナス40%超えてますがshock

久しぶりにブログを書こうと思ったのは、そろそろ総悲観になる頃かなということで、『果たしてポートフォリオ理論は意味があったのか』という点について個人的な見解を述べておきたいと思ったからです。
(メールいただいた方、どうもです)

【資産間の相関】
おそらく、今回の局面は長らく歴史に残るような局面になるでしょう。MPTはその理論上、正規分布にしたがい、かつ相関係数は過去データを用いる仕組みとなっています。
やはり、今回のような特異的なイベントについては正規分布の枠を超えること、またその場合の相関係数は過去データにくらべてかなり強く1に近づくこと という2点は(分かっていたつもりでしたが)あらためて再認識しました。

【分散効果】
これについては、正直難しいところがあります。上記に述べたように、主要4資産についてはほぼ同じような値動きになっていますが、僕のポートフォリオでいえば、CBとヘッジファンドについては、比較的強い値動きをしていますので、やはりある程度の効果はあると思います。(ただし、その分商品がボロボロですので、ポートフォリオ全体としてはやはり主要4資産とほぼ同じ値動きとなっていますcoldsweats01

【今後のスタンス】
僕の今後のスタンスですが、基本的にはこれまで通り、粛々とドルコスト平均法で積立を続けていく方針に何ら変わりはありません。また、久しぶりに少しトレードしてみようと思ってます。来週月曜日あたり、10円くらいのプットオプションを買うか、7241フタバあたりを買うか。また、米ドルMMFも少し買ってみる予定で注文を出しました。

以上、ざっとですが総括してみました。何らかのご参考になれば幸いです

2007年7月 7日 (土)

ポートフォリオ管理シート Ver.1.2.0

これまで ポートフォリオ管理シート Ver.1.1.1 を公開してきましたが、最近、Yahooファイナスでhtmlのレイアウト変更が頻繁かつランダムに行われているようです。

これだとWebクエリを使用して基準価額更新を自動で行うというアプローチは、かなり難しくなってしまいました。。。 
そこで、同じhtmlページから、Webクエリを使用せずに基準価額更新するようなマクロを作成し、そのマクロによって基準価額を更新する仕様とした「ポートフォリオ管理シート Ver.1.2.0」を公開します。

ダウンロード

なお、今回のバージョンではExcelマクロを使用しています。また、内部的にMSHTMLオブジェクトを使用していますので、Excel2000以降+IE5.5以降 という環境でないと動作しないと思います。

【ご注意】

  • 個人で使用する範囲においては、改変はご自由にどうぞ! 
  • このページへのリンク、トラックバックに関してはフリーですが、ダウンロードファイルへの直リンクはお控えください。また、Excelマクロを含んでいるという性質上、このページ以外からの再配布は認められませんのでご了承ください。
  • このシートで作成したイメージ(画像)の公開については僕の許可は不要です。
  • Yahoo!ファイナンスから投信の株価を自動取得しています。仕様変更等によりHTMLフォーマットが変更になると自動取得部分は動作しなくなる可能性があります。あらかじめご了承ください。また、基準価額データの使用条件などはYahooo!ファイナンス のホームページをご確認ください。
  • その他、このシートを利用していかなる損害が発生したとしても、その責は利用者に属します。

【Excelマクロについて】

このExcellファイル内ではマクロを使用しています。
一般的にExcelマクロはセキュリティ上、大きな問題があります(悪意があれば、カンタンにウィルスになります)
ALT+F11でExcelマクロのソースコードを確認して危険性がないことを確認のうえ、実行されることをお勧めします。

2007年6月25日 (月)

直近3年の相関係数

先日、モーニングスター社の「ファンドインベスター」 誌で直近1年の相関係数データが入手できるという記事を書きました。

このデータは20種類を超える数の資産毎の相関係数が表になっているというスグレモノなのですが、やっぱり「(無料で)相関係数データが欲しい」という方もいらっしゃるかと思います。某巨大匿名掲示板によると、モーニングスター社のサイトの特集記事(タイアップ記事)で、{国内株式/海外株式/海外債券/国内REIT/海外REIT}の5資産の相関係数が公開されているようです。

http://www.morningstar.co.jp/home/event/07_05/alternative/index3.htm

国内債券が含まれていないのが少し残念ですが、2007年3月末時点の直近3年データがカンタンに無料で手に入るのはラッキー! ですね(^^)

是非、拙作の効率的フロンティア計算シート と組み合わせて、いろいろと試してみてください。

2007年6月14日 (木)

「ポートフォリオ管理シート」について

Yahoo!ファイナンスのHPリニューアルにより、公開している「ポートフォリオ管理シート Ver.1.1.1」が正常に動作しなくなっています。

「クエリの編集」で「表名または数値をカンマで区切って入力してください」というところに15と入っていますが、これを14に変更すれば、また正常に動作すると思います。

変更箇所がたくさんあって大変という方は、下記マクロでまとめて修正できます。
【注意】変更したいシートをアクティブにして、マクロを実行してください。

Sub ChangeWebTables()

  Dim objQueryTable As QueryTable

  For Each objQueryTable In ActiveSheet.QueryTables
    If objQueryTable.WebTables = "15" Then
      objQueryTable.WebTables = "14"
      objQueryTable.Refresh
    End If
  Next

End Sub

2007年4月26日 (木)

効率的フロンティアを求めるときの個人向け国債の扱い

読者の方からメールで質問いただいたのですが、同じような疑問を抱いている方もみえると思いますので、blogにて回答させていただきます。

(質問)
効率的フロンティアを求めるにあたり、個人向け国債はどのように扱えばいいのでしょうか?
案① 日本債券セクタに分類する
案② リスクフリー資産として扱う

(タロットの回答)
論点を整理するため、まず伝統的な「固定金利の国債」で考えてみたいと思います。この場合、金利と債券価格は逆相関の関係の性質であり、また元本が保証されるのは満期まで保持した場合のみです。この場合、もちろん日本債券セクタに分類することになります。
一般に日本国債のリスク・リターン・相関係数はこの「固定金利の国債」から求められています。
次に、「変動10の個人向け国債」について。この商品の特徴として、金利と逆相関の関係にないこと、また1年経過後は元本保証されていることを考慮すると、伝統的な日本債券よりは(1年未満では中途解約できない)定期預金に近いと考えるべきだと思います。僕の感覚では、リスクフリー資産と考えたほうが馴染みやすいと思います。
最後に「固定5の個人向け国債」ですが、これは前述のどちらの商品とも性格が違いますが、個人的には日本債券セクタに分類したほうがピンときます。

もちろん、「変動10の個人向け国債」を日本債券セクタに分類することが一概に間違いとはいえないのですが、その場合の実質的な相関係数は、一般的な日本債券の相関係数とは大きくかけ離れているかも? ということに留意する必要がありそうです。

2007年2月26日 (月)

ポートフォリオ管理シート Ver.1.1.1

投信基準価額の自動更新に対応した「ポートフォリオ管理シート Ver.1.1.1」を公開します。Webクエリ機能を使用していますので、Excel2000以降で動作すると思います。

ダウンロード

あらかじめ入力しておいた保有口数と、Yahoo!ファイナンスから自動取得した基準価額から、時価評価額を計算し、アセットアロケーションの円グラフを描画します。

【データ更新方法】
[外部データ]ツールバーを使用できるようにし、「すべて更新」ボタンで最新データを取得するのが一番カンタンだと思います。

【ご注意】

  • 個人で使用する範囲においては、改変はご自由にどうぞ! マクロは使用しておらず、シートの保護/ブックの保護もかけていないので、基本的なExcelの知識があればカスタマイズできると思います。取得価額入力欄をつくって騰落率を計算するように拡張したり、既にExcelでポートフォリオ管理されている方はそのフォーマットを使用したまま基準価額自動更新部分のみセル参照するように改造したりすることが可能です。
  • このシートで作成したイメージ(画像)の公開については僕の許可は不要です。
  • カスタマイズしたExcelファイルをご自分のブログなどで不特定多数の方に公開・配布したいと思われる方は、事前にご相談ください。基本的に、僕の作成したシートとよく似た紛らわしいデザインでなく、オリジナルのデザインであればOKしようと思います。
  • このページへのリンク、トラックバックに関してはフリーですが、ダウンロードファイルへの直リンクはお控えください。
  • Yahoo!ファイナンスから投信の株価を自動取得しています。仕様変更等によりHTMLフォーマットが変更になると自動取得部分は動作しなくなります。あらかじめご了承ください。また、基準価額データの使用条件などはYahooo!ファイナンス のホームページをご確認ください。

(イメージ)
356084376_180b_1















   

(2007/03/02 07:55加筆)

Yahoo!ファイナンスのホームページリニューアルにより、基準価額の自動更新ができなくなっていたのを修正したVer.1.1.1に差替えました。既にご使用中の方は、「クエリの編集」で「表名または数値をカンマで区切って入力してください」というところに13と入っていますが、これを15に変更すれば動くと思います。

(2007/06/14 07:55加筆)

Yahoo!ファイナンスのホームページリニューアルにより、基準価額の自動更新ができなくなりました。「クエリの編集」で「表名または数値をカンマで区切って入力してください」というところに15と入っていますが、これを14に変更してください。

2007年2月 2日 (金)

効率的フロンティア計算シート Ver.1.1.1

効率的フロンティア計算シート」を更新しました。
アセットアロケーションを入力し[グラフ作成]ボタンを押下すると、効率的フロンティアのグラフを描画します。

ダウンロード

【主な新機能】

  • 6資産まで拡張できるようになりました。
  • マシンパワーや用途に合わせ、シミュレーション件数を変更できるようになりました。
  • [データシート]を分離し、オートフィルタやソートを行えるようにしました。オートフィルタを使用した場合は、リアルタイムでグラフに反映します。[データシート]はグラフ作成直後はシャープレシオの降順でソートされており、先頭のデータがシミュレーション結果から求めた最適ポートフォリオとなります。
  • 資産配分の変更がリアルタイムでグラフに再反映されるようになりました。
  • 近似二次曲線が描画できるようになりました。効率的フロンティアを数値処理するときに扱いやすくなると思います。
  • 資本市場線(CML)を描画し、リスク資産と無リスク資産を組合せることが可能となりました。

【お願い】

  • このExcelシートで作成したグラフをご自分のブログ等で公開したいと思われる方は、下記イメージのようにグラフエリアのみの公開であれば、僕の許可は不要です。ご自由に公開していただいて構いません。(ついでにこのページをリンクしていただければありがたいです!)
  • このページへのリンク、トラックバックに関してはフリーですが、ダウンロードファイルへの直リンクはお控えください。また、Excelマクロを含んでいるという性質上、このページ以外からの再配布は認められませんのでご了承ください。
  • ご意見、ご要望、不具合報告はこちらにご記入ください。

【ご注意】

このExcellファイル内ではマクロを使用しています。
一般的にExcelマクロはセキュリティ上、大きな問題があります(悪意があれば、カンタンにウィルスになります)
ALT+F11でExcelマクロのソースコードを確認して危険性がないことを確認のうえ、実行されることをお勧めします。

(イメージ)

Dd

 

(2007/2/3 10:30変更)

ブログ上でVer.1.1.0となっていましたが、Ver.1.1.1の表記ミスでしたので修正しました。リンク先ファイルは変更ありませんので、再ダウンロードは不要です。

(2007/4/10  08:00補足)

デフォルトで入っている国内REIT、外国REITのリスク・リターン・相関係数はサンプルです。各自で適切な値に設定のうえ、ご使用ください。

リスク・リターン計算シート

リスク・リターン計算シート」を作成しました。
アセットアロケーションを入力すると、トータルのリスク(標準偏差)・リターンを計算します。

ダウンロード

【お願い】

  • このページへのリンク、トラックバックに関してはフリーですが、ダウンロードファイルへの直リンクはお控えください。
  • ご意見、ご要望、不具合報告はこちらにご記入ください。

(イメージ)

Cc_4

2007年1月30日 (火)

効率フロンティア計算シート[OpenOffice用]

OpenOffice用の効率フロンティア計算シートをつくってみました。

ダウンロード

制限事項がいろいろありますので、ご注意ください。

  • 元データは企業年金連合会のデータのみです。
  • アセットアロケーションを変更して、を移動させることはできますが、効率フロンティアを再描画することはできません。(リスク、リターン、相関係数の変更が反映されません)
  • 2つのグラフを無理やり重ね合わせていますので、精度がよくありません。あくまで参考程度にお受取りください。

【お願い】

  • このページへのリンク、トラックバックに関してはフリーですが、ダウンロードファイルへの直リンクはお控えください。
  • ご意見、ご要望、不具合報告はこちらにご記入ください。

(イメージ)

Cc

Excelシートに関するコメントはこちらへ

Excelシートに対するご意見・ご感想や、不具合のご指摘などはこちらへお願いします。

※不適切と判断したコメントは予告なく削除することがあります。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

boople


  • バナーボタン白

AdSense


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ